www.sh5s.com
フリーローンなどの支払い方式は、クレジットカード会社の方針に応じて相当差異というものがありまして、いろんなやり方が選ばれています。基本的には残高スライド方法やリボ法が取り入れられているようです。そしてこうした誰しもがご存知のリボ払いですけれども本当を言えば算定方式におおくの手法があったりします。それゆえしかような種類により支払い金額が違ってきてしまうわけですから知っておいて損はないでしょう。易しくこの2つの形式の違いについて説明していきましょう。一つ目は元金均等払いもう一つは元利均等払いです。両者はそう呼ばれているように、元金を一様にして払っていくというものと元本と利率に関してをつごうで一様に返済していく方式です。今回はもしや10万円借りたと仮定してどのような計算をするのかみてみます。利率はどっちも15%と設定し計算します。更にまたリボに関する支払を1万円と仮定し計算します。ともかく元金均等払いからいきましょう。斯うしたケースのはじめの支払は1万円に対して金利分1250円を計上した引き落とし金額となります。次回の返済については1万円に対して金利の1125円を加えた支払額へとなるのです。かくて10回分で引き落しを終わらせるという方法になります。他方、元利均等払いは最初の返済については1万円ですがそこから元本へ8750円利息へ1250円というようにして分配するのです。その次の支払いに関しては元本が8750円へと減少した状態で金利を算出し1万円を再度割り振ります。言い換えれば、元利均等払いのケースでは10回で引き落しが終わらないという算定になったりします。こればかりのギャップで二者がどのくらい変わってるのかがたっぷりとご理解頂けたことと思います。元利均等は元金均等と比較し、まぎれもなく元金が減少していくのが緩慢という欠点というものがあったりするのです。換言すれば金利といったものを余計に支出するといったことになってしまうのです。他方1回の支払いが小さな額で落ち着くというプラスというものも存在したりします。このような支払形式などの相違に呼応して、支払総額というのが異なってきますのでご自分の返済計画に応じた方針を採用するようにしてみてください。